Diary

これは僕の ただのダイアリー

誰にも伝わらなければいい

誰もどうせ気付かない
気付いても気にもしない
自分だけで手一杯

朝なんてもう2度と
太陽なんて2度と
僕を照らして思わせぶらないでって

どうして君は死んでしまったの
どうして君は、、、
どうして僕は生きているの
君のいない世界で

何もかも無になって
どうでも良くなった
頃に喉が渇いて水を欲しがった

そのうち目覚めたなら
いつかの昔のように
空腹を感じて満たすんだろう

彼女は言った 大切な
ものほど守れないって
彼女は言った あなたなら
守ってくれるでしょうって

どうして君は死んでしまったの
どうして君は、、、
どうして僕は生きているの
君のいない世界で

彼女は言った 大切な
ものほど守れないって
彼女は言った あなたなら
守ってくれるでしょうって

これは僕のただのダイアリー

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s